思いを、もっと形に ~被災地支援活動報告④~

今回は熊本で活動させてもらったNPOのお誘いもあり、鳥取・倉吉に行きました。

先週日曜日は熊本の活動で出会ったNPO団体の要請と、たまたま予定があいたタイミングが重なり、行くことになりました。

 

 

熊本に比べると被害は少なかったものの(倉吉限定でしかみれていませんが)、作業の要請は多くあった印象でした。

 

 

屋根のかわらは震災でいたむことが多く、そこから被害が広がったり、雨対策なども考えて早急な対応が必要なようです。

 

 

 

もっと職人の方や現場でヘルプできる人数がいれば、いろいろな要請にこたえれていた感じもありました。

 

 

私が経験した阪神大震災のときもそうでしたが、日本において、震災がいつ身近におきるかわからない状況にあると感じています。

 

 

微力ながら、どのタイミングで何が役に立てることかなと考えるところも。

 

 

次は本職の施術を生かしての貢献も!

 

 

 

 

被災地の復興を心から願っています。