Q&A ロルフィングでの痛みについて

ロルフィング®って痛いの?  

 

(The Rolf Institute® FAQ より転載)

ロルフィング®は一般的に「痛い」という印象が昔からありますが、この認識はロルフィング®がまだ世間に普及し始めた初期の頃のセッションに対して誇張されたイメージにより確立されました。 当時は、繊細さよりも刺激の強さが重視される傾向があり、それは1960年代後半~1970年代初め頃にアメリカでは広く一般的だった、感情面に強く働きかけるタイプのセラピーのトレンドでもありました。 ロルフィング®が痛いというイメージは、アイダ・ロルフ博士が生徒達に「もっと深く働きかけなさい」と注意していたという、よく引用される逸話にも起因しているのでしょう。どうやら当時の多くの生徒達が、博士にもっと強く圧をかけるよう注意されたと解釈したようです。
  現在、私達は「深く働きかける」ことが必ずしも「物理的に強く働きかける」という意味ではない、と認識しています。ロルフィング®を受けたときの感じ方は、その人が持つ条件(例えば、身体的トラウマの度合いや、よじれた筋膜をかかえてきた期間など)によって異なります。筋膜のよじれを長期間かかえていると、その部分を補うため、より頑固で広い範囲にわたるクセが身体につき、それを解消するために持続的な圧が必要となる場合があります。 また、損傷や緊張のある箇所に感情がどの程度かかわっているか?という問題もあります。
  アイダ・ロルフ博士によると、癒しが起こる過程では、それまで深いレベルで封印されていた感情的なトラウマや記憶が表面化し、それを痛みとして感じることがあります。博士はまた、深いレベルでのタッチは、一時的な痛みを呼び起こすことがあるが、それは癒しと変容をもたらす契機であるとも述べています。
 しかしながら、実際には痛みの感じ方や度合いは人それぞれであるのと同様、変化を起こすのに必要だと感じて与える刺激の度合いやタッチの質も、各プラクティショナーによってさまざまです。

 これからロルフィング®を受けようと考えている方は、もし可能であれば、複数のロルファーにこの話題について尋ねてみたり、体験セッションなどを通じて彼らのタッチを感じ、それがあなたにどう影響するかを味わってから判断してみるのもよいでしょう。一般に、ロルフィング®を受ける多くの方々は、圧による刺激があっても一時的なもので、一瞬の痛みもすぐに薄らいでいき、気が付けば長年手放せずにいた制限に深く、変容的な安らぎが与えられていると感じることが多いようです。
(※個人差あります)
 ドイツ・ミュンヘンの Advanced Rolfer™である、Peter Schwind はこう述べています。

ロルフィング®の技法は、幅広いスタイルのタッチに習熟し、どんな場面でより軽い刺激、またはより強い刺激が必要とされているかを知ることだ

ロルファーはクライアントと絶えずコミュニケーションをとりながら刺激の強さを調整していきます。このことは、凝り固まった組織を解きほぐし再び全身になじませていく過程で、クライアントが一時的な不快感を感じた場合に大きな意味を持ちます。
※痛みに関する考え方は、各ロルファーのウェブサイトでも紹介されていますので興味ある人はそれらも参考にして下さい。