研究事例

 

ロルフィング®に関する研究事例

fascia

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校で行われた研究(1977)によると、ロルフィング®を受けた人は筋肉をより効率よく使え、エネルギーの浪費を押さえる事ができ、以前に増して洗練された身体の使い方ができるようになったなどという結果を報告しています。更に最近のメリーランド大学で行われた研究によれば、ロルフィング®は身体の構造を劇的に変化させ、その結果として慢性的な痛みを著しく和らげることができるという結果が発表されています。更にこの研究では、ロルフィング®が側湾患者の脊髄の曲がりを改善し、神経系の活動機能を高めたという結果も報告されています。 ロルフィング®や筋膜に関する更なる研究は近年ますます注目されてきています。