ロルフィングの10セッションについて

基本は10回のセッションで構成されており、<グループ分けがされていて>、1~3回目に、身体の表層の筋膜に、4~6回目に、身体の深層の筋膜に、7~10回目に、統合(まとめ)を取り扱っていきます。

 

ロルフィングの10セッションはそれぞれ意味合いがあります。

ロルフィングの10セッションについて①~③ 表層の筋膜編

 

セッション1(一回目の施術)

  

最初の回では呼吸に着目します。呼吸が人が生命として生きていくための基本としていることと、呼吸の筋膜がゆるまないと(緊張をなくさないと)全身の筋膜がゆるんでこないと言われています。

 

まずは表層と言われる表面の筋膜に触れさせてもらってロルフィングや施術者を知ってもらうことも目的となります。呼吸、肩の動き、足の動作、歩行、その人の持っている感覚などを確認します。   

 

セッション2(二回目の施術)

 

体に対する足のサポートをつくっていくことに着目します。立ったり、歩いたりした際の足の支持性(安定性)を獲得するために、膝から下の部位に対してワークします。

 

 

足が安定することではじめて、体の部位(足よりも上の部位)の筋膜の適したゆるみを得ることが出きると言われています。足のワークで重力を感じるきっかけとなります。

 

セッション3(三回目の施術)

 

動作をする際の、体の前後の空間をつくることに着目します。呼吸をしたとき、肩を上げたとき、足を曲げたときに、体の側面の筋膜が十分に活動できて、12番目の肋骨がしっかりと動けるようにワークしていきます。

 

 

また次のセッション以降で、体を上の部分と下の部分に分けて、その動き(関係性や連動性)をみていきますのでその準備のワークにもなります。アイダロルフはセッション3の重要性と12肋骨の動きの重要性を語っています。

 

ロルフィングの10セッションについて④~⑥ 深層の筋膜編

 

セッション4(4回目の施術)

 

骨盤を通して足のサポート(支持)を得ること、足から骨盤までのつながりを感じることに着目します。

 

 

骨盤底と言われる部位と、股関節の内側の部位(太ももの内側)の筋膜に触れていきます。触れることで足全体の内側と外側の違いに気づき、バランスを感じてもらいます。

 

セッション5(5回目の施術)

 

脊柱(背骨)の前方の状態を安定させたり、腰椎の一番上のあたりから足全体を動かせるように着目します。

 

腸腰筋や体の前面にある筋膜に触れていきます。骨盤の前面やお腹も触れていきます。

ロルフィングの10セッションについて⑦~⑩ 統合編

 

セッション6(6回目の施術)

 

仙骨や尾骨の動き、脊柱の後面の筋膜の活動に着目します。仙骨、尾骨、脊柱の後面の筋膜に触れていきます。

 

アイダロルフは仙骨の活動の大切さ、尾骨周囲の筋膜に働きかけたときの体への影響を伝えています。

 

セッション⑦について

 

地面からこれまでの施術部位までのつながりを更に頭頂(頭の先)までつなげることや、知覚に働きかけることに着目します。

 

肩の上方の部位、鼻、口、表情筋、頭部に触れていきます。

 

このセッションから統合(今までのワークをつなげてまとめる)は始まります。

 

 

セッション⑧と⑨について

 

セッション⑧と⑨は上肢(ロルフィングでの体の上半身)と下肢(ロルフィングでの体の下半身)に分けて、どちらかを選択して順にワーしていきます。

上肢を選択した場合は上肢のワークの総まとめをすることになりますが、肩、ロルフィングでの体の上の部分が対称的な動きをしているか、下からのつながりが体の上の部分につながっているかに着目します。

下肢を選択した場合は下肢のワークの総まとめをすることになりますが、地面からのつながりが腰椎の上の部分までつながっているか、骨盤が対称的に動いているかに着目します。

 

セッション⑩について

 

今までの施術をクライアントさんに整理してもらい、10セッション後も心と体を調整可能になる気付きをもってもらったり、新しい気づきや体への興味を得てもらうことに着目します。