ロルフィングとは

ロルフィングは米国の生化学者アイダロルフ博士(1896~1979)によって創られた施術です。

 

ロルフィングは直接肌に触れて身体の全体を感じながら、全身を包み込む筋膜に働きかけて体の制限を解放することで自由な動きが出来るようにしていきます。

  

また、局所にフォーカスしたり、痛み、こり、違和感を一時的にとるのが目的でなく、体全体のつながりを考えてバランスを整えていき、結果として痛み、こり、違和感をなくしていくものです。

 

基本は10回のセッションで構成されており、<グループ分けがされていて>、1~3回目に、身体の表層の筋膜に、4~6回目に、身体の深層の筋膜に、7~10回目に、統合(まとめ)を取り扱っていきます。

 

<それぞれのセッションは>

  1. 呼吸
  2. 足と地面のつながり
  3. 身体の前後のバランス
  4. 大腿(あし)の内側、骨盤底
  5. 大腿(あし)の前面、腸腰筋(骨盤の前にある筋肉)
  6. 大腿(あし)の後面、臀部(おしり)
  7. 頭、顔、首
  8. 主に下半身のまとめ
  9. 主に上半身のまとめ
  10. 身体全体のまとめ

以上の項目を扱います。

*レシピといわれる説明書に基づいて実施されます。

ロルフィングは回数を経て体全体に取り組んでいく構成になっており、10回を受けていただくのがオススメです。

ただ、ご都合に応じて区切りのよいところ、(1~3回目)、(4~7回目)、(8~10回目)で、区切ったり、終了していただくことも可能です。

 

必ず10回を受けきらないといけないものではありません。

1回受けていただいて、気にいっていただけたら続きを考えていただければと思います。

回数、ペースは遠慮なくご相談下さい。ロルフィング®では、1、筋膜に触れて働きかける。2、新しい動きを取り入れる。3、知覚をつかって感じる。     

これらによって、その人が持っている本来の機能を最大限に引き出していきます。