ロルフィングの内容の説明、理学療法としての症状の捉え方

ロルフィングとは

ロルフィングは米国の生化学者アイダロルフ博士(1896~1979)によって創られたボディワークです。

現在において、ロルフィングは様々な方法(主に3つの方法)によって、身体の機能、感覚、心的な変化を感じて、新しい動きや気づきを得る技術として用いられています。

一つ目は、もともとクラシカル・伝統的な方法では、身体全体を覆う、筋膜という結合組織に直接触れて、体の制限を解放することで、その人本来の動きを獲得してもらう方法があります。筋膜のリリースを実施するものです。

二つ目は、動きを伝えて(ムーブメントと表現)、ご自身の身体や感覚、習慣などに気づいてもらう方法です。

三つ目は、身体や感覚に働きかけて、ご自身の身体や感覚機能を感じる能力を高めてもらう方法です。

上記のことを踏まえて、ロルフィングとは身体の再教育テクニックと考えられます。

ウィクペディアでは、身体と重力の調和を取り戻し、人間が本来持っている潜在力や自然治癒力を引き出す、構造的身体統合法と記載されています。

身体の機能や感覚の気づきを高めることで、姿勢の見直し、腰や肩こりなどの慢性の痛み軽減をはかるだけでなく、心身のリフレッシュを得ることができます。

また、上記の3つのアプローチ方法は、受けての方によって、得意とする吸収の仕方(受け取り方)は異なります。

ロルフィングリファインではその方にできるだけ適したものを提供できるように相談しながら取り組んでいます。 

ロルフィングは身体に与える影響を考えて、また全身に深く働きかけて調整をはかるため、10回のセッションを実施することが主体となります。

ただ、ご都合に応じて区切りのよいところ、(1~3回目)、(4~7回目)、(8~10回目)で、区切ったり、終了していただくことも可能です。

また、必ず10回を受けきらないといけないものではありません。

1回受けていただいて、部分的な効果をねらう方法もあります。

回数、ペースは遠慮なくご相談下さい。

 

 

10回はグループ分けがされていて、各セッションごとにテーマが決まっているのと、大きく分けて3つのカテゴリーに包括されています。

 

各セッションは、1呼吸、2足と地面のつながり、3身体の前後のバランス、4大腿(あし)の内側、骨盤底、5大腿(あし)の前面、腸腰筋(骨盤の前にある筋肉)、6大腿(あし)の後面、臀部(おしり)、7頭、顔、首、8主に下半身のまとめ、9主に上半身のまとめ、10身体全体のまとめ、の項目を扱います。

 

 3つのカテゴリーは、一つ目が1~3回目・筋膜の表層の部分、二つ目が4~6回目・筋膜の深層の部分、三つ目が7~10回目・統合(まとめ)をテーマとして、それぞれを分類しています。